2009年2月1日日曜日

職業病

ベリーダンスは本来、体に負担のない踊りであるのですけれど、こちらでやっていくには少々?体に負担をかけざるを得ないのが実情。

例えばヘッドスピン(head spin)/ヘッド・ターン(head turn)。

ブレイクダンスでいう頭を地面につけて、体を回す動き
・・・ではない(幸いながらに)。

が、私達の言うヘッドスピンは、踊りの一貫でターンをする際、首を使って頭を回す動き。
立っているなり、膝立ちをしているなりの動かないポジションで、髪の毛を振りかざすような動きも含まれる。
首を軸に、頭のてっぺんで大きく弧を描く、いわば頭を倒した状態で一回転するような光景を思い描いていただきたい。

その速さは様々で、ターンに合わせた回し方もあれば、ターンの倍の速さであったりと、時々(基本的には音楽で)で変える。

そしてバック・リーン(back lean)。

これは立った状態から体を後ろに反らす技。
曲げ方が深ければ深いほどツライし、長ければ長いほどツライ。
そしてその状態で腕や手先を優雅に操るという、ある意味見せ所。
でも、となると顔も上下が逆になり、時と場合によっては頭に血が上り、顔を赤らめてしまったりして。

またはバック・リーンの状態から膝を曲げて、床にそのまま仰向けに落ちるという動きも求められる。
ご存知の方、この動きはレイチェル・ブライス(Rachel Brice)を思い出していただきたい。

その他に湾岸諸国でよく見られ、私達にとって、マストな動きのターキッシュドロップ。

呼び方は色々あるのかもしれませんが、私が知っている限りでの名前はターキッシュドロップ。
何故ターキッシュかは聞かれても困るのだけど(多分トルコでやっていたのでしょう)、こちらは立っている状態から軽くジャンプをし、膝を曲げた仰向けの状態で、床に落ちる、という動き。下手をすれば膝の内側にあざを作るということだって普通にある。

これらの動き、どれをとっても人間の構造上、通常しない、どう考えても体に負担がかかるものばかり。

さて、この中で前々から気になるのがヘッドスピン。ここではさほど必須ではないものの、やはり音楽がかかるとそれなりの動きをしてしまう。忘れるぐらい前から、気付けば首がボキボキ鳴る。踊っていないときにも、ちょっと首を休めようと頭を片側に傾けるとボキッ。ええっ!と思い反対側に傾けるとボキッ。近くにいる人にまで音が聞こえるぐらい。

一度は病院行きも考えたものの、しばらく首に負担を掛けない踊り方をすること2週間ほど。とりあえずは大事には至っていないけれど、老後はリウマチに苦しむのかしら、と思いつつも加減を知らないバカがいる・・・。

* ベリーダンスの動きは(特にモダンなものは)、ダンサーや国、指導者によって呼び方が違ったりもするのでご留意を。

2 件のコメント:

mishmis さんのコメント...

こんにちは。ASYAさん。

首がボキボキ、私もです。
詳しくは分かりませんが、私の習うベリーはエジプシャンなので、過度に激しい動きはないのですが、ストレッチしたり、何かしら動く度に、首やら間接がボキボキなります。
老後が末恐ろしい・・。

私事なんですが、3月からドイツで生活することになりました。
ドイツでもベリーダンスできればいいなぁと思ってます。
それに、仕事の休みが取れたらの話ですが、ぜひASYAさんのショーも観に行きたいです☆日本とレバノンより、ヨーロッパとレバノンの方が近いですし、機会があれば、ぜひ!と目論んでます。
そんなときが訪れれば、いいなと思いながらドイツ行きの準備をする私です。

風が強いみたいですが、日本でも「春一番」があるように、きっとレバノンはもう春がすぐそこなんでしょうね。

ASYA さんのコメント...

mishmisさん

こんにちは。サラーム♪
コメントありがとうございます。

首のボキボキは本当にどうにかなりませんかね。ストレッチを入念にやっても一緒なのですよね。どうなることやら…。

ドイツに引越しされるのですね。ドイツのどいつにもベリーダンスが盛んと聞きます(ダメだ…誰かの癖が移った)。でも本当の話、都市によってはいろいろ活動がありそうですよ。出来れば続けてくださいね。

レバノンでもどこでも、いつでも機会があればお越しください。いつか実際にお会いできるのを楽しみにしています!

追伸ですが、ブログ、引越しすることになりました。せっかくbloggerで読者になっていただいたのにすみません。もっとプログラミングを知っていて使いこなせれば自分流に使えるbloggerの方がいいのでしょうけれどそこまで使いこなせず…。(けれど削除するつもりもないので、もしかしたらちょろちょろ何かを書き込むかもしれません・笑)

ちなみに新しいブログサイトのURLです。
http://blog.goo.ne.jp/bellydancer_asya/
良かったら覗いてみてくださいね。

ASYA